アンチエイジング スキンケア 0 Comments

目の下のたるみの原因を突き止める

目の下、つまり涙袋と呼ばれる部分にたるみがあると、どうしても疲れ顔、または老け顔に見られてしまうものです。年齢ともに進む肌の老化を止めることはなかなか出来ませんが、年齢よりも老けて見られるのは、できれば避けたいものです。

目の下のたるみができてしまう原因を突き止めることで、たるみの解消にもつながります。たるみの原因として考えられていることで、一番多いのは加齢によるものです。加齢によって、年々コラーゲンやヒアルロン酸が失われていってしまうため、肌のはりやみずみずしさが徐々になくなっていきます。コラーゲンやヒアルロン酸が豊富な皮膚は、弾力があり、ハリを維持しています。弾力がある皮膚はしわやたるみができにくく、なめらかさを保っています。目の下にたるみができるのは、コラーゲンやヒアルロン酸を失った皮膚にハリがなくなって、皮膚自身の重みで下へと垂れるようになったためです。スマホやパソコンの普及により、長時間使用している人も少なくないようですが、目に相当のストレスがかかっていることも無関係ではありません。まばたきの回数が減ることで、筋肉が衰えてしまい、目の下のたるみを作る原因となっている場合もあるそうです。面倒だからと化粧を落とさずに眠ってしまったり、時間を省略するために乱雑にクレンジングをしていると、皮膚を傷つけてしまい、たるみになって現れることもあります。紫外線なども、たるみやしわの原因になるので、外出する時には日焼け止めを使ったり、サプリメントや専用のパックなどで肌に潤いを取り戻すことも重要です。疲れ目は目の下のたるみに関係してきますので、目を休憩させる時間をつくることも大事になります。目の下のたるみができないようにするには、いくつかの配慮をしながらの生活が大事です。
http://www.tdppsykoterapi.com/